top of page
cstm0301-437 (1).jpg

0円金型
​金型不要のデジタルキャスト

開発試作・単品単発の金属製品に最適

~18,000円~

1個のみMin価格

※Lot,形状により変動

最短目安2週間対応

最大サイズ目安500mm角

​豊富な材質対応

​1個から対応

​デジタルキャストについて

デジタルキャストとは3Dプリンターで樹脂模型を製作し、それを原型としてロストワックス同様の流れで金属製品を製作する方法です。
鋳造品を型不要・超少ロット対応向きの開発・試作でもメリットあるご提案致します。

P11_edited.jpg

デジタルキャスト が選ばれる理由

金型レス鋳造で
圧倒的コストダウン

3Dプリント品を原形モデルにしてそのまま金属化。金型費不要の為、量産化に向けた試作加工に最適です。

圧倒的多種材質対応

​鉄、ステンレス、アルミニウム、銅はもちろん、インコネル、ハステロイなど特殊な材質にも対応します。

強度テストに最適
圧倒的検証力

ロストワックス製法による試作前試作として量産化同様の形状・材質強度テストが可能です。

複雑形状・中空品を鋳造圧倒的形状自由度

原形が3Dプリント品なので、金型では製造不可能な複雑形状や中空品も対応可能。試作品の形状検証にも最適です。

デジタルキャスト活用事例

FAQ

FAQ

  • 最短納期を教えて下さい。
    仕様により変動はありますが、最短で1週間程での製作実績があります。また、デジタルキャスト以外での製法での対応も可能で、専門のスタッフがお客様に最大限メリットあるご提案が出来ます。是非、お気軽にご相談ください。 ※㈱キャステム本社の問合せページにとびます。
  • 具体的にどのような材質を取り扱えますか?
    鉄、ステンレス、アルミニウム、銅の他、インコネルやハステロイなど特殊な素材も取り扱い可能です。 詳しくは、以下、技術ファイルを参照ください。
  • 対応可能なサイズは?
    サイズは最大目安500mm角、最小目安40mm角となっています。 それ以上、以下の場合でも、是非ご相談ください。 ※㈱キャステム本社の問合せページにとびます。
  • その他の取扱いできる製法はありますか?
    金属3Dプリンター、シリコンラバー鋳造、基盤事業となるロストワックス、メタルインジェクション(MIM製法)などがあります。弊社ではこれら様々な技術で、お客様に最適なご提案をいたします。
bottom of page